貴方の間違った冷え性対策を紹介

女性ならば、冷え性で悩んでいる人が多いので、自分ももしかしたら、冷え性ではないか?と疑問に思うものです。
自身が冷え性であると、何かしらの対処をしたいと思うものですが、それは誰に聞くこともなく、自己流になりがち
であり、もしかしたら、その方法が間違っていて、逆に冷え性を悪化させているかもしれないのです。

 

意外と多くの人がやっている間違った冷え性対策にはどんなことがあるのか、紹介しましょう。

 

まず、冬場、寝ている間に、足がすごく冷たくて、眠れないという人がいます。
これでは、不眠症になってしまうので、分厚い靴下を履いて寝ている、
という対処をしていたとします。これは、正しい冷え性対策なのでしょうか?
医学的に言うと、靴下にはゴムを使用しているので、血の巡りが悪くなり、
かえって冷え性を引き起こしてしまうのです。

 

せっかく温かいと思って履いている行為も、逆効果になってしまっては意味がないので、
寝る間は、出来るだけ素足で寝るようにしましょう。

 

それで、どうしても眠れないという場合は、湯たんぽを使うと、足元がとても温かくて、気持ちよく眠れます。
又、温め効果として、電気毛布を使う人がいますが、これを朝方の寒い時間まで電気を付けているという
方もいますが、この方法も間違っているのでしょうか?

 

電気毛布は、温かいのですが、こちらも、冷え性にとって悪い作用が働き、具体的には、
体に悪いとされる電磁波を出していますので、長時間の使用は良くありません。
そして、電気ですから、静電気を生じやすい為、乾燥肌を引き起こしやすくなるので、
電気毛布よりも湯たんぽをお勧めします。

 

これでもなかなか改善しないという場合は、代謝を上げる為にすっぽんサプリを飲んだり、思い切って医師に相談してみると言うのも、
一番より良い冷え性対策と言えるのではないでしょうか。

 

通販で買える!冷え性対策グッズ

冷えというのは、女性にとっては大敵であり、特に妊婦は胎児の成長を狂わしてしまうリスクが高いので、
十分注意が必要になってきます。そこで、大事なのが、毎日の食事であり、体を温める食材を使った献立を、
アレンジを加えて食べるだけで、冷え対策は充分に行えます。

 

しかし、それだけでは、完全なる冷え性対策にはならないので、内側からの対処だけで
なく、外側からの対処も大事な要素と言えるでしょう。
具体的には、冷え性対策グッズであり、最近では、通販でも色んな冷え性を予防する、
又は改善させる商品が揃っていて、カタログを見ているだけでも、わくわくしてきます。

 

例えば、足首ウォーマーは、ネックウォーマーと同様に、足首に付けるのですが、
冬場に利用するのではなく、夏のオフィス内で、クーラーががんがんにかかっている
部屋で頑張って働いているOLさんの為のグッズです。

 

多くの人たちが働く職場では、暑がりの人もいれば、寒がりの人もいて、
人それぞれなので、自分だけのわがままで、クーラーの温度設定は出来ません。
低すぎる室温の中で長時間我慢するのは、体調を崩しかねませんので、
冷え性対策の為に、オシャレな足首ウォーマーやレッグウォーマーは大活躍なのです。

 

又、定番の腹巻も、最近ではオシャレなデザインや生地のものが多く、普段履いている靴下も、
シルクとコットンウールタイプのものに替えるだけで、蒸れずに保温状態をキープし、夜中に足が冷たくて、
目が覚めるということもありません。靴下を履くだけで、冬場になると、毎日、熱いお湯を湯たんぽに
入れて作らないといけないという面倒くささも無く、寝不足や不眠症になることもありません。

 

気になる値段も、思ったよりもそう高くはないので、夏の暑い時期から、
こういったグッズで、徹底的に冷え性対策をしていきましょう。